ブログ Free Tour Rome!

ローマとバチカンに実用的なヒントとブログ


バチカン市国を訪問する前に知るべき10のヒント!

✓  ロームにすれることのひとつはローマ法王のことを実際に人で会うことです。もし教皇がバチカン市国に居るなら、週2回でバチカン市国に来ましょう。水曜日に公衆への一般聴衆があって、日曜日に公衆へ教皇の祝福があって、普通にセントピーターズスクエアおよび聴衆ホール(通常に冬だけ)で行います.

✓  バチカン市国はイタリアにあるんですが、独立です。ですから高いレベルのセキュリティを実行してます。X線機器に通ってさせますので、「兵器」(ナイフ、爪切り、はさみ、鋭利な物など)を持って来ないで下さい.

✓  バチカンに旅券を持ってこなければけませんか?いいえ、その必要はないので、スリに盗まれないように安全なところに残す方が良いです(ローマで旅行する時にいつでもコピーを持つのがお勧めです)。でもバチカンは別の国ですから、いくつかの観光エリアで旅券を必要とするのが、その場合はお先に分かってくれるはずです.

✓  パッキングは軽くしましょう!大きいなバックパックは美術館に許可されていないのですが、美術館に入るところに無料で残しても良いです.

✓  多くの美術館には空調がないので、夏に少し暑くなれますから自分の水のボトルを持ってくることを強くお勧めします.

✓  バチカン美術館とシスティーナ礼拝堂はサン・ピエトロ大聖堂と別の入り口から入れます。サン・ピエトロ教会に入るのは無料です.

✓  多くの人はシスティーナ礼拝堂の所在地を疑問に思ってますが、教会に向いてサン・ピエトロ広場で立つと、教会の隣の右側に見えるはずです。しかしシスティーナ礼拝堂に入る為に、まずはバチカン美術館に通ってこなければなれません.

✓  システィーナ礼拝堂からすぐにサン・ピエトロ大聖堂に入れます.

✓  バチカン美術館のほとんどのどこでもで写真を撮ってよろしいんですが、システィーナ礼拝堂は例外です。(システィーナ礼拝堂には著作権があります)また、フラッシュは許可されない場所もあり、ノートではっきりにお伝えさせます。(イタリア語で「フラッシュ禁止」は「senza flash」です)

✓  適切に服装して下さい。バチカンのドレスコードがありますから、入る前に肩と膝をカバーしなければなれません.

✓  別の州に入るんですが、一般的に旅券を持ってくる必要はありません。なぜなら、公共の場の1. サン・ピエトロ広場2. サン・ピエトロ大聖堂(どちらも入場無料)3. バチカン美術館4. システィーナ礼拝堂(美術館とシスティーナ礼拝堂には入場料があります)しかで許可されません

✓  もし行く前にもっと一般的な情報を見たいなら、バチカンのサイトに行ってみて下さい: www.vatican.va


トップに戻る